クレンジング剤の選び方

クレンジングオイルの特徴について 他のクレンジングより優れている点やどんな肌質やメイク落としにおすすめなのか解説します。

投稿日:

84264 / Pixabay

油性のメイクや日焼け止めなど肌に残る一日の汚れを落とすための道具であるクレンジングは、肌を本来の状態へと戻すために絶対に必要なものです。

スキンケアやエイジングケアを施す前には必須の過程でもあります。メイク落としにはいくつか種類があり、肌質やメイクの濃さに合わせて選んで使用されています。

その中でもクレンジングオイルは、しっかりメイクをした日におすすめです。

クレンジングオイルの主成分はその名の通り油性成分です。「油汚れを取るには油で」という常識と同様に、油性メイクと馴染ませるとメイクが浮き上がるという仕組みになっています。このオイルタイプが得意とするのは、ウォータープルーフ日焼け止めやメイク、油性エマルジョンファンデーションなどの密着性の高いメイク落としです。他のタイプのクレンジングでは落ちなくても、オイルタイプであればこれらのメイクを落とすことができます。

肌への余分な摩擦を避けるためにも、ケチらずにしっかりとした適量を使うことがポイントです。オイルでオイルを馴染ませメイクを浮かせたら、少量のぬるま湯を加えて「乳化」させることで、汚れたオイル分をすすぎ落とすことが可能となります。熱過ぎるお湯だと肌が乾燥してしまいますので、人肌程度の目安を覚えておいてしっかりとすすぎましょう。

Myriams-Fotos / Pixabay

擦ることが肌への大きなダメージになってしまいます。擦らずに落とせる洗浄力の強いクレンジングオイルが結果として肌への優しいクレンジングオイルになります。

クレンジングオイルは皮脂の汚れをしっかりと落としてくれるというメリットがありますので、オイリー肌の人に向いています。但し、ニキビトラブルがある肌の場合には、皮脂を取り過ぎると肌が乾燥予防のために皮脂分泌を過剰にすることがありますので、オイリーな肌質かつ肌トラブルのない人に特におすすめです。

ただし、最近は乾燥肌や敏感肌の人でも使えるクレンジングオイルも多くあります。

オイルタイプの効果的な使い方は、まず手を洗い清潔にする、目元や口元のポイントメイクを先に落とす、手の平に出したクレンジングオイルは最初にTゾーンにのせ馴染ませる、その後に少量のぬるま湯で乳化させます。これらのポイントを押さえれば、肌に負担を掛けることなくオイルタイプでのメイク落としがしっかりできます。ただし、クレンジングオイルによっては、濡れた手で使うことができる種類もあります。時間のない人、めんどくさがり屋の人にはオススメです。

  • この記事を書いた人

miniko

こんにちは

このサイトの運営者「ミニ子」です。

旦那さんと二人暮らしのアラサー主婦です。

よく読まれている記事

1

30代の私達でも効果のあるクレンジングオイルを知りたい! でも本当に効果のあるクレンジングオイルが分 ...

2

ドラッグストア、コンビニで気軽に買えるクレンジングオイルのオススメは? 実際クレンジングオイルを買い ...

3

アテニア スキンクリアクレンズオイルは、4つの高級美容オイルを配合し、メイクを落とすだけではなくエイ ...

4

ファンケル マイルドクレンジングオイルを聞いたことが無いという人はほとんどいないでしょう。 売上本数 ...

-クレンジング剤の選び方

Copyright© クレンジングオイル情報局 , 2017 All Rights Reserved.