肌に関する知識

喫煙者が毛穴レス 美肌になるのは諦めた方がいい?

投稿日:

4956365 / Pixabay

今日は私の大学時代の後輩の話です。

彼女は私と同じように化粧品や美容が好きで、お互いに情報交換をする仲でした。様々なスキンケアを試していたのですが、残念ながら彼女は美肌になる事はありませんでした。

なぜなら、彼女は喫煙者だったのです。今回は彼女と同じく喫煙者の方で肌に悩んでいる方にぜひ読んでもらいたいです。

後輩は元々、肌が弱くシャンプーを変えるくらいの敏感肌で乾燥肌。それでも今までは今までの知識と若さで酷い肌トラブルに悩んだことはなく、「そのうちタバコやめなきゃなー」くらいに軽く考えていたようです。

ところが30代になって、最近鼻の毛穴の黒ずみが気になってきたと言っていました。もちろんタバコは止めていません。

彼女の行っているスキンケアとしては、温かいお湯で毛穴を開いたあと、酵素洗顔で洗ったり、ピーリングはしているのですがなかなかキレイにならないと言っていました。

 

タバコを辞められない女に美肌の未来はない!

lexphumirat / Pixabay

私は、後輩にハッキリと「タバコを吸っている間は美肌になる事は無理だよ」と伝えました。なぜなら喫煙をしてる人で肌が綺麗な人に出会った事はありませんからね。

「分かってるんですけどね~^^;」が彼女のいつもの返事でしたので、私が止めさせることは諦めてましたが。

タバコの煙にはニコチンやタールなど皮脂の酸化を促進する成分を多く含まれています。そして喫煙の際必ず自分の顔に煙が触れますよね?

その結果は言わなくても分かるでしょう・・・

タバコが肌に天敵なのは今更ですが、なぜ悪いのかを大まかに説明します。

まず、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮する作用があります。細くなった血管に淀んだ血液が流れることになるので、細胞の隅々まで栄養を運ぶことができません。

血行のせいで肌の色が悪くなるだけでなく、新しい細胞が生成されないせいで肌のターンオーバーが正常に働かず、くすみ、ごわつきといったものから、ニキビや吹き出物などのトラブルに発展するケースもあります。これでは、美肌以前の問題ですよね・・・

さらに人間には、ニコチンやタールと言った有害物質が身体に入ると、それをやっつけようとする機能が備わっています。

これを行うと、体内では活性酸素というものが発生します。活性酸素が体内の細胞にはりつくと、その細胞は酸化していき、徐々に傷ついていきます。コラーゲンが生成されずにハリがなくなった肌はたるみやシワを促進させ、見た目にも老けた印象を与えます。

まさに百害あってい一利無し。タバコは美容の天敵です!

やりすぎスキンケアは逆効果

それでは、次に後輩のスキンケアを見ていきましょう。

1 ピーリング

後輩は月に2回はピーリングを行っていたそうですが、明らかにやり過ぎです。私もこちらの記事でピーリングの失敗談を語っていますが、やり過ぎは絶対にダメです。そもそもピーリングなんて正しいスキンケアを行っていればやらなくてもいいのです。

まず、角質は擦って取る物では有りませんし、擦っても取れません。角質は役目が終われば酵素分解によって勝手に剥がれていきます。恐らく、私のように後輩はピーリングジェルの要な物でゴシゴシ擦っているのでしょう。そしてボロボロ出てくるカスに老廃物が取れた気になっているのです。

でも残念ながらボロボロ出てくるのは水分が蒸発したゲルのカスです。そしてピーリング後にツルツルするのは肌に残る事が前提のカチオン界面活性剤です。それは界面活性剤が肌をコーティングしてツルツルになったように演出してるだけです。

2 酵素洗顔

酵素洗顔は文字通り酵素分解により角質を軟化させターンオーバーを促す作用があります。酵素洗顔は正しい頻度で行えば十分効果を発揮できます。

しかし、毎日毎日使うと正常な角質がどんどん分解されやがて保湿不全や角質肥厚を起こします。私は2週間に1度程度の使用で良いと思います。

 

これらを見ても、後輩のスキンケアは間違ってはいないんですよね。ただ、回数が多すぎたり黒ずみを早く無くしたいからと回数が多すぎるのです。その結果、肌を傷つけてしまい、黒ずみが治らないと言った悪循環を招いていたのです。

喫煙者 クレンジングは?

Pezibear / Pixabay

クレンジングはどうしているの?と聞いたところ、使っていたのは乳液タイプのクレンジングと言っていました。

後輩は仕事柄しっかりとメイクはしています。「お肌に優しい」という理由でミルククレンジングを今まで使っていましたが、ミルククレンジングはクレンジング機能も洗浄機能も非常に弱く、ハッキリ言って、ほぼスッピン向けのクレンジングです。

そこを強めに擦って落としていたようです。いくらミルククレンジングが肌に優しいと言っても、強くこすったのでは全く意味がありません。むしろ逆効果です。

やはり理論的にオイルが一番です。オイルは一般的に「肌によくない」と言われますが主成分となる油性成分を抗酸化作用のある油脂に限定すれば問題有りません。

一般的なイメージで化粧品や洗顔料を選ぶことは危険です。正しい知識を身に着けて、しかっかりと自分に合った化粧品を選びましょう。

まとめと喫煙者の後輩 その後

472301 / Pixabay

今回私が後輩にアドバイスした事をまとめると

  1. 喫煙者は毛穴レス 美肌には絶対なれない。 今すぐタバコはやめること!
  2. スキンケア自体は間違っていない。ただ回数、頻度が多すぎる。黒ずみは焦らず治すこと!
  3. 仕事で化粧をしてるならクレンジングはオイルを使うこと!擦らずとせるものを!

可愛い後輩なので、ついつい強めに言ってしまいましたが、その後タバコ以外は改善してくれました。

なかなか止められなかったタバコですが、結婚を意識した彼氏と付き合うことであっさりと止めることができたようです^^

私の度重なる説得は何だったのか・・・?(笑

ともかく彼女は無事(?)タバコを辞めることができて20代の肌に戻ることができた!彼氏も喜んでくれると私に伝えてきました。今度彼氏の家に挨拶に行くようです。

ともかく、幸せになれて、めでたしめでたしですね♪

私の後輩のように喫煙者でも喫煙者でなくても、ついつい強めにクレンジング時に擦りすぎている人は多いと思います。

肌に悩んでいる人でクレンジングをこすらずに落とせるオイルに変えることで肌の改善ができるケースも多くあります。

ミルクでメイク落としをしているけどついつい擦りすぎる・・・ 

いまいちメイクが落ちていない気がして気になっている・・・

そんな方は一度私のおすすめクレンジングオイルを覗いて見てはいかがでしょうか?

あなたの肌を根本から改善するヒントになるかもしれません♪

2017 クレンジングランキング

当サイトオススメのクレンジング剤

 

\ シェアしてください /

-肌に関する知識

Copyright© クレンジングオイルで毛穴レス 30代夫婦 比較実践ノート , 2017 All Rights Reserved.