クレンジングオイルの成分

エチルヘキサン酸セチル 効果と副作用を徹底解説

投稿日:

augustfinster / Pixabay

エチルヘキサン酸セチルとは

エチルヘキサン酸セチルは、エモリエント成分(エモリエント・・・皮膚の水分蒸散を抑えて潤いを保ち、皮膚を柔らかくする作用)の一つです。

油の膜を張ることで肌内部の水分が蒸発してしまわないように肌を保護し、これによりみずみずしい肌を実現することができます。

天然成分ではなく、植物性メイク落とし成分の化学合成油脂ですが、高い安全性と効能が評価されています。

エモリエント効果はしなやかさを失った(水分が蒸発して固くなった)肌(角質層)にやわらかさを取り戻す効果のこと。(以下の肌図参照)

引用元:http://seiryoku-king.net/archives/1524

エチルヘキサン酸セチルの効果・効能とは

安全性に優れており、さらりとした軽いつけ心地で伸びが良く、クレンジングオイル以外にも、乳液やクリームなどにも配合されています。

また、汎用性が高いためヘアケア製品にも使用されることが多い成分です。水と溶けあわないので、高い保湿効果も期待でき、乾燥肌の方にもおすすめの成分です。

こういった水に溶けない、混ざらない性質を疎水性と呼び、疎水性を持っているものは油であることから、エモリエントオイルとも呼ばれています。

エチルヘキサン酸セチルの副作用とは(毒性)

エチルヘキサン酸セチルには基本的に、副作用はありません。

別名オクタン酸セチルとも言い、名前が化学物質っぽいために危険な成分なのではないかと思われがちですが、毒性はほとんどなく、副作用やアレルギーなどの報告もないため非常に安全性が高いです。

パッチテストにおいても低刺激性を実現しているので、安心して肌に使用できます。パッチテストでの刺激指数は1.7。

同じ数値に相当するものとしてグレープシードオイルがあり、調理にも用いられるものと同じであることから、安全性が高いことがわかります。

エチルヘキサン酸セチルの配合されているもの

主なものとして、

  • クレンジング
  • スキンケア
  • ヘアケア
  • 日焼け止め
  • ベースメイク
  • リップクリーム
  • チーク
  • アイブロウ
  • アイライナー
  • マスカラ

以上のように多くの製品に使用されています。安全性が高い証拠ですね。

この記事のまとめ

  • エチルヘキサン酸セチルの効果は肌内部の水分が蒸発してしまわないように肌を保護。
  • エチルヘキサン酸セチルの副作用は基本的にはない
  • エチルヘキサン酸セチルは多くの化粧品に配合されている

エチルヘキサン酸セチルは安全性の高い植物性の化学合成油脂といえます。名前だけ聞くと怖いように思えますが、心配はいりません。

  • この記事を書いた人

miniko

こんにちは

このサイトの運営者「ミニ子」です。

旦那さんと二人暮らしのアラサー主婦です。

よく読まれている記事

1

30代の私達でも効果のあるクレンジングオイルを知りたい! でも本当に効果のあるクレンジングオイルが分 ...

2

ドラッグストア、コンビニで気軽に買えるクレンジングオイルのオススメは? 実際クレンジングオイルを買い ...

3

アテニア スキンクリアクレンズオイルは、4つの高級美容オイルを配合し、メイクを落とすだけではなくエイ ...

4

ファンケル マイルドクレンジングオイルを聞いたことが無いという人はほとんどいないでしょう。 売上本数 ...

-クレンジングオイルの成分

Copyright© クレンジングオイル情報局 , 2017 All Rights Reserved.