肌に関する知識

乾燥肌やインナードライ等 それぞれの肌質ごとのクレンジング方法は?

更新日:

Fotomek / Pixabay

ピーリングは古い角質を取り除くことができるのでニキビに効果的と言われています。過剰な宣伝やメーカーの煽りのせいで肌を綺麗にする魔法のように考えている方も多くいるようです。

どんな肌トラブルでもピーリングであれば綺麗になるわけではなく、肌のバリア機能を持っている角質まで取り除く可能性もあります。

ピーリングだけでなく、過剰なクレンジングやスキンケアは逆に肌に良くないということを知っていただければと思います。

乾燥肌のクレンジング 気をつける点は?

乾燥肌の方がクレンジングをする時、クレンジングオイルだと乾燥しすぎるからと言った理由でクレンジングミルクやクレンジングクリームを使うことが多いと思います。

確かにオイルクレンジングはクレンジング料の中でも洗浄力が強いため、肌への負担が一番大きく、洗い上がりがつっぱったり乾燥したりすることがあります。ただし、ミルクやクリームはオイルのように洗った後にさっぱりしません。

もしあなたが乾燥肌で悩んでいて、一生懸命保湿しているのに改善しないと感じるのであれば、せっかくの化粧水や美容成分が、充分に浸透していない可能性があると思います。

以下の点について、もし思い当たる点があれば見直してみてください。

  1. 洗浄力の強すぎる洗顔料やクレンジングを使っていないか
  2. 洗う時や拭く時に肌を擦っていないか
  3. 洗う時はぬるま湯を使っているか
  4. 毛穴の汚れはちゃんと落ちているか
  5. 古い角質が溜まっていないか

インナードライってどんな肌質?

インナードライという肌質を知ってますか?

インナードライは肌の表面は皮脂でオイリーなのに、肌の内側が乾燥してしまう状態のことを言い、その状態の肌をインナードライ肌、もしくは隠れ乾燥肌と言います。

肌の乾燥が進むことによって、水分の蒸発を防ぐためにたくさんの皮脂を分泌し、油膜を張ろうとします。こうなると肌の表面は皮脂でテカテカしてるのに内側は乾燥しているという状態になってしまうのです。

結局は角質の保湿力が落ちている状態なので、インナードライを解消するために大切になってくるのが保湿です。肌の保湿を続けることで皮脂に過剰な分泌を抑え、乾燥も防ぐことができます。

どんな肌質でも使えるオススメのクレンジングオイルは?

私自身が混合肌なこともあり、洗顔には特に気を使っています。クレンジングにはファンケルのマイルドクレンジングオイルを使っています。植物性の油や、天然の美容成分を使用しているため、肌への負担が軽減されます。ダブル洗顔も必要ないのでオススメのクレンジングオイルでです。

オイルなのに洗い上がりも乾燥することなくしっとりした肌をキープできます。メイクや毛穴汚れも軽くこするだけで落ちるので、ごしごし洗うこともなく肌に優しく、乾燥肌でも安心して使えるクレンジングオイルだと言えます。

一般的なクレンジングオイルは肌を乾燥させてしまうためインナードライ肌にも合わないのではないかと思われそうですが、ファンケルのマイルドクレンジングオイルはインナードライ肌の方でも安心して使えます。しかし、過剰なクレンジングオイルでのマッサージは乾燥を悪化させる可能性があるので控えましょう。

2017 クレンジングランキング

当サイトオススメのクレンジング剤

  • この記事を書いた人

miniko

こんにちは

このサイトの運営者「ミニ子」です。

旦那さんと二人暮らしのアラサー主婦です。

よく読まれている記事

1

30代の私達でも効果のあるクレンジングオイルを知りたい! でも本当に効果のあるクレンジングオイルが分 ...

2

ドラッグストア、コンビニで気軽に買えるクレンジングオイルのオススメは? 実際クレンジングオイルを買い ...

3

アテニア スキンクリアクレンズオイルは、4つの高級美容オイルを配合し、メイクを落とすだけではなくエイ ...

4

ファンケル マイルドクレンジングオイルを聞いたことが無いという人はほとんどいないでしょう。 売上本数 ...

-肌に関する知識

Copyright© クレンジングオイル情報局 , 2017 All Rights Reserved.