クレンジングの基礎

敏感肌から来る赤ら顔はクレンジングで治せる

更新日:

Pezibear / Pixabay

赤ら顔と聞くと、お酒を飲んで赤くなった人や緊張による赤面症が思い浮かぶのではないでしょうか?

ここで言う赤ら顔は、肌が弱かったり、肌トラブルにとって赤くなっている方のことです。赤ら顔の方の多くは敏感肌と言われていて、普段のケアによって悪化させているかもしれません。

普段から赤ら顔で悩んでいる方に今回の記事が役に立てるかもしれません。

クレンジングで赤ら顔対策

クレンジングや洗顔の時にゴシゴシとこすって洗っていませんか?赤ら顔の方が肌を強くこすることは、悪化させる原因となってしまうので行ってはいけません。摩擦が刺激となって肌が炎症を起こし、肌トラブルを招いてしまうのです。

刺激を回避するためにも一度、クレンジングを見直してみましょう。赤ら顔の原因の一つである「肌への刺激」。赤ら顔を隠したくてメイクをしますよね。でも、クレンジングをする時に刺激を与えては根本的な改善には繋がりません。

それではどんな風にクレンジングを行えばいいのでしょうか?クレンジングはメイクを落とすために必要ですが、種類によっては肌に負担をかけてしまいます。そのためにもできるだけ刺激の少ないものを選ぶことが大切です。

刺激の少ないクレンジングとは

cocoparisienne / Pixabay

刺激の少ないクレンジングとしてクレンジングミルクやクレンジングクリームがあります。しかし、濃いメイクをした時に毛穴の奥まで落としきれない場合があります。しっかり落とすにはやはりクレンジングオイルがおススメです。

オイルは刺激が強いから不安、なんていう声が聞こえてきそうですが、当サイトオススメのファンケルのマイルドクレンジングオイルは優しくこするだけでスルっとメイクを落としてくれるので、摩擦を気にすることなく使えます。

2017 クレンジングランキング

当サイトオススメのクレンジング剤

\ シェアしてください /

-クレンジングの基礎

Copyright© クレンジングオイルで毛穴レス 30代夫婦 比較実践ノート , 2017 All Rights Reserved.